旦那に浮気の疑いをついに確認!修羅場のはじまり

旦那に浮気の疑いをついに確認!修羅場のはじまり~!

danna_evidence_record2

 

2020年4月3日(金)

 

 

去年の9月に携帯をいじる夫の背後から女とのイチャイチャLINEを発見してから!!約7ヶ月・・・

 

 

とうとう、、、来ましたこの日が。

 

 

「オマエの浮気を疑ってるぞ!!」と夫に事実確認をする日が。(((;´•ω•`;)))

 

 

証拠は、3月の末に旦那と女が電話しているところを録音したボイスレコーダー!(iPhoneのボイスメモで録音)

 

 

その他にも、以前にこっそり夫の携帯をのぞいて撮った、オンナとの証拠LINEも手元にはありましたが。

 

 

ただこれを先に見せてしまうと、、、

 

 

わたしが「携帯を盗み見た」ということから、夫に逆追及されて話が混乱するかもしれないので・・・最初から見せるのはやめました。

 

 

(LINEの証拠は、旦那がどうしても浮気を認めなかった場合に、たたみかける最終兵器として残しておく!!)

 

 

それでは以下、わたしと夫の話し合いの内容です↓

 

 

私:「あのさぁ・・・。ちょっとこれ一緒に聞いてくれない?」

 

 

(先日録音した、旦那と女のイチャイチャ♡ニャンニャン♡トークを再生♪ww)

 

 

夫:「・・・・・・(あきらかに目線を泳がせつつ!無言)」

 

 

私:「これ、、、このあいだボイスメモの整理したときにさ。間違って録音ボタンを触っちゃったみたいで、気付かずそのままお風呂に入ったんだよ。(←ウソだけどw) そしたら、こんな楽しそうな会話が入ってたの!ww」

 

 

私:「てか、家でこんなテンションで話してるの見たこと無いよね(笑) そんなに○○ちゃんといるのが楽しければ、今すぐ離婚してそっちいけば??

 

 

明るく!冷静に!でも極めて強気で!!(#゚Д゚)

 

 

離婚」という言葉はあえて使いました。

 

 

シタ旦那さん・シタ奥さんの性格にもよるとは思いますが・・・とくにウチの旦那のように優柔不断で自分に甘い男には、、、

 

 

「話しだいでは離婚するぞ~!」という強めのワードを出したほうがいいみたいです。

 

 

最初からこちらが弱気になると、うちの旦那なんかは心の中で「あれ、許してもらえそう??」とかぜったい調子に乗るので(>罒<;)

 

 

で、会話のつづき↓

 

 

私:「わたしや子供たちと一緒にいるのが嫌なら、わたしは出ていくよ!」

 

 

夫:「いや。・・・離婚はちょっと。」

 

 

私:「ちょっとなんなの?w」

 

 

夫:「家もイヤなわけじゃないよ。子供といるのも楽しいし・・・」

 

 

私:「家も!? 『も』ってなんやねんw でもさ、あの○○ちゃん(←不倫女)との電話、すっごく楽しそうだったよ。チューとかしてさぁ(笑) ねぇ?○○ちゃんってどんな子なの?」

 

 

夫:「・・・」(ダンナ黙る)

 

 

私:「もし離婚しないんだったらさぁ~。私も男の子とイチャイチャ込みで遊んできてもいい?」

 

 

夫:「はぁ・・・・・・。(ため息) てか、もし離婚するとして、、、子供たちはどうするわけ?」

 

 

私:「子供たちはあくまで○○家(旦那実家)のお子たちだからねぇ。あなたのお家で育てるのが筋じゃない?」

 

 

夫:「は???なんでお前だけ一人でラクする話になるんだ? 一人だけ逃げんなよな・・・」

 

 

カッチーーーン!(#゚Д゚) 逃げてんのはお前だろ?オ・マ・エ!!!

 

 

と、マジギレしそうになりましたが!!言い合いになっては話し合いにならないので・・・なんとか抑えつつ冷静に返す(・_・;)

 

 

私:「あのさ・・・たしかに今は子育てシンドイけど。でもさ、子供たちだってずっと子供じゃないんだよ?」

 

 

私:「上の子なんて5年後にはもう10歳だし、下の子だって8歳。そうなったら、今のシンドさなんてほぼ無くなってるし・・・なんなら親の私たちの方が子供からウザがられてるんじゃない?(笑)」

 

 

夫:「・・・」(ダンナまた黙るw)

 

 

私:「今はさ、子供たちの話は置いとこう。こっちの話が先だから。えーっと、、、3月31日に電話であなたがチュッチュしてた○○ちゃんっていったい誰なの?(笑)」

 

 

夫:「(ダンナ超しかめっ面で)・・・会社の派遣さん。」

 

 

私:「風俗ですらないんだw ・・・ってことは、本気で好きなの?その人のこと。。」

 

 

夫:「(しばし沈黙のあとに・・・)いや、、、本気じゃない。全然。ちょっと遊んでただけ。」

 

 

ここではまだ引いてはいけない気がするので!もう少し押してみるっ(# ゚Д゚)ノ

 

 

私:「へぇ~遊んでたんだw いいねぇー楽しそう♪じゃあ私も、これから気に入った男の子と出会ったら、遊んでいい??(๑・ڡ・๑)」

 

 

夫:「いや、ほんとごめん。その子とはもう連絡取らないし、会社でも仕事で必要なこと以外しゃべらないよ。

 

 

謝罪はきたけど、、、もう少し押します!ww

 

 

私:「ふーーーーん。ねぇ?参考までに。どんな子なの??見せて?(。・з・)」

 

 

夫:「写真ないよ。」

 

 

私:「あ、そう。誰に似てるの?元カノとか??」

 

 

夫:「(ボリボリと頭をかく)」

 

 

そして・・・・・・

 

 

~ダンナ氏、白状する!~

 

 

夫:「いやもう、ごめん。ちょこちょこゴハンとか行ってたよ。でも、ほんとにもう行かない。」

 

 

私:「ごはん・・・だけ?? 朝帰りもしょっちゅうしてたよね。」

 

 

夫:「うん。まぁほとんどはプロジェクトとか部内の飲み会だけど。その流れで・・・ってのはあった。」

 

 

私:「流れで・・・というのは?」

 

 

うーーーん、長いっすね(>д<;)

 

 

ページをあらためます!

 

 

>>一番強い不倫の立証キター!自白よりいい証拠はないにつづく。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加