一番強い不倫の立証キター!自白よりいい証拠はない

一番強い不倫の立証キター!自白よりいい証拠はない

シタ旦那に「不倫バレてるよ!」と伝えた日の会話。

 

 

前回の記事→旦那に浮気の疑いをついに確認!修羅場のはじまりのつづきです↓

 

 

私:「飲み会の流れで・・・というのは?」

 

 

夫:「・・・ホテル行ったり。」

 

 

私:「へぇー、ホテル行ったり(笑) 職場の近く??ドコが一番よかったの?ww」

 

 

夫:「うん?(苦笑) ・・・そんなの聞いて、どうするわけ??」

 

 

私:「え?わたしもさ、気に入った男の子が見つかったら行こうと思ってww」

 

 

(1分くらい沈黙。。。)

 

 

夫:「いや、だからゴメンって。・・・・・・どうすれば許してもらえるわけ?」

 

 

私:「『許してもらおう』と思ってるってことは、、、悪いことした自覚があるってことだよね??」

 

 

夫:「あるよ。だから、ゴメンって謝ってるだろ。」

 

 

私:「あのさ、この際だからハッキリと聞いておくよ。その子とセッ○スしたの?してないの?どっち?」

 

 

夫:「してないって言っても、どうせ信じないダロ?」

 

 

私:「あれ?日本語通じてない?ww もう一度聞くけどさ。したの?してないの?」

 

 

夫:「・・・・・・したよ。した。でも、誘ってきたのは相手が最初。彼氏と別れ話になっていて相談乗ってくださいって来て。その後もかなり積極的だったから、向こうのペースにいつの間にか乗せられてた。」

 

 

決定的証拠キターーー!(*゚▽゚)ノ

 

 

もちろん、この会話もiPhoneのボイスメモで録音中。

 

 

これは、ツイッターにいるサレ様も皆さんクチを揃えておっしゃってますが。

 

 

不倫にかんする話し合いのときには、ボイレコ(ボイスレコーダー)は必須です♡♡♡

 

 

amazonや家電量販店で買ってもいいし、なければiPhoneのボイスメモでも充分ですよ。

 

 

個人的には携帯電話のボイスメモのほうが、持ち歩いているのを見られても違和感がないので。。シタに録音がバレることなく証拠音声を取りやすい気がします٩(*´︶`*)۶

 

 

逆に、車や自分がいない部屋に仕込むなど遠隔での音声撮りには、ボイレコ買った方が使えるので臨機応変に。

 

 

そして、この日の最後の会話↓

 

 

私:「本気じゃなければヤッていいなら、わたしもおんなじように遊ぼっかな♪」

 

 

夫:「いやだから!ゴメンっていってるじゃん。さっきから。」

 

 

私:「ごめんは分かったけどさww 『はいそーですか。』ってなんで私が即答しないといけないワケ?(笑) このまま私との結婚を続けるなら、ひとつ条件があるんですが。」

 

 

夫:「うん。」

 

 

私:「この先、また遊んでそーだな~と思うことがあったらさ。わたしも遠慮なく他の男の子と付き合うからね??あなたは実際にヤッてたわけだからね。文句言えないよね?ww」

 

 

私:「引き金はアナタが引いたんだから。わたしはまっっったく罪悪感無いです。 その時はぜったいにやるからな!」

 

 

夫:「わかったよ。その時は。。」

 

という約束で、この日は終了。。

 

 

もっとグッチャグチャのメッタメタになるかと思ってたけども・・・。

 

 

話を切り出してから、3時間くらいでなんとか終わりました。(。-_-。)

 

 

ただし、そのあとしばらく家に2人きりというのはさすがに気まずかったので:((((;´・ω・`)))(子供たちは実家に1泊の予定!)

 

 

ちょっといたたまれなくて!私がスーパーに買い物に出かけちゃいましたけどね。

 

 

わたしが買い物から家に戻ってくると、、、旦那はなんと!

 

 

みずから自分のスマホをわたしに見せて、不倫女とのLINEのトークルームから退室した画面を見せてくれました。

 

 

これでこの不倫が解決したとはまったく思えませんが(#>д<)

 

 

でも、わたしも本心では離婚したくないので。(マジで。)

 

 

旦那のことは、信じすぎない程度に信じるしかないなと。。

 

 

ちなみに今回の夫との話し合いの仕方はとにかく、

 

 

不倫女と水面下で関係を継続させないこと!

 

 

を一番の目的に、わたしの足りない脳みそを絞って考え抜きました( ; ᴗ ; )

 

 

夫に不倫という「精神的ドラッグ」をやめさせて再構築をするには、夫と敵対関係になることだけは何としても避けたかったので。(*゚ー゚*)

 

 

いちおう話の切り出し方のコツとしては、怒ったり泣いたりするのではなくて・・・

 

 

面白がること!」かな~と思っています( ̄▽ ̄;)(もちろん、シタの性格によるとは思いますが。)

 

 

あとは「あんまりバカすぎるやつとはこの先やっていけない。」という、最悪のばあい離婚もありうるゾという姿勢を見せること。

 

 

さて、ウチはこの先どうなることやら!

 

 

>>「不倫サレる側も悪い」というヘリクツにダマされない!につづく。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加